EXOメンバーストーリー

ある日、祖父のアンティークショップに呼び出され、3兄弟と一緒に店を継ぐことに。<br />
【シウミン】「俺……君のことが好きなんだ」<br />
【レイ】「気持ちを伝えるのに、言葉だけじゃ物足りなかった」<br />
【チェン】「君と過ごすたび、どんどん好きになってくんだ」<br />
アンティークショップで繰り広げられる心温まるラブストーリー。 地元に戻って来たあなたは、幼なじみの3兄弟と再会して……<br />
【スホ】「もう自分の気持ちに嘘はつけない。俺も{{nickname}}ちゃんが、好きだから」<br />
【カイ】「俺は口下手で、{{nickname}}ちゃんが喜ぶ言葉なんて知らないけど……自分の気持ちを、正直に言わせて?」<br />
【セフン】「子どもの頃からずっと好きで、この遊園地に一緒に来た時には、もう好きだった」<br />
成長した彼らとの甘ずっぱいラブストーリー。<br />
あなたは誰と恋に落ちますか?―― 突然ゲストハウスのオーナー代理を任されたあなたは、個性豊かな3つ子の男の子たちと出会った。<br />
最初は戸惑ったあなただったけれど、少しずつ距離を縮めて……<br />
【ベクヒョン】「じゃあさ。付き合おっか、俺たち」<br />
【ディオ】「俺が{{nickname}}ちゃんのそばにいてあげたかったから……」<br />
【チャンヨル】「俺のこと……絶対好きにはならない?」<br />
3ヶ月限定のバイト仲間。<br />
あなたは誰と恋に落ちますか?―― 「書店員さんが友達って、なんかいいですね」<br />
3度の偶然が重なり、友人になったふたり。<br />
楽しく過ごしていたのだけれど……<br />
「俺……仕事で急にアメリカに行かなきゃならなくなったんだ」<br />
突然告げられた言葉に、驚くあなた。<br />
彼への想いに気づいたあなたは……<br />
「だから、これからも友達として仲良く――」<br />
【あなた】「ごめんなさい、私……もう友達じゃいられないと思う」<br />
【あなた】「だって私、本当はチェンくんのこと――…」<br />
戸惑う彼が、出した結論とは……?<br />
爽やかで甘酸っぱい恋の物語をあなたに―― 【ディオ】「それなら……僕が教えましょうか?」
偶然の出会いから、日本で会うことになったふたり。
【ディオ】「本当に誰とも付き合ってないの?」
【ディオ】「それなら……一緒にどこかへでかけない?」
徐々に親しくなっていき、惹かれあっていく二人。しかし――
【ディオ】「実は仕事が忙しくなって、しばらく会えそうにないから」
【ディオ】「ごめんね、急に。俺が教えたいって言いだしたのに」
あなたを想うほど、彼は迷いが生まれ始め……?
はたして、不器用な恋のゆくえは――? 【レイ】「おいしいお寿司屋さんに行きたいですね~」
偶然の出会いから、日本で会うことになったふたり。
【レイ】「ねえ、それってもっと一緒にいたいって思ってくれてるってこと?」
【レイ】「もっと……君のことが知りたい」
徐々に親しくなっていき、惹かれあっていく二人。しかし――
【レイ】「君には、迷惑かけたくないんだ」
彼の本心には触れられない日々が続く。
はたして、不器用な恋のゆくえは――? 【セフン】「なんかさ……運命みたいなの、感じたんだよね」
【セフン】「この人と絶対友達になるべきだーって……ね?」
まるで何かに引き寄せられるように出会ったふたり。
徐々に距離が近づいていくものの、彼が帰国してしまうと知ったとたん、すれ違いが起きて――
【セフン】「知らないうちに傷つけて、二度と会えなくなるくらいなら……」
【セフン】「ちゃんと想いを伝えて……もう離れ離れにならないような、絆をつくりたい……」
不器用なふたりの恋のゆくえは――? 【シウミン】「コーヒーに興味があるんですか?」
コーヒー専門店で再会した二人は、徐々に親しくなっていき――
【シウミン】「俺が仕事のことをあんまり話さないのは……」
【シウミン】「君との時間を大切にしたいからなんだ」
(私、この先も、ずっとシウミンくんと過ごしたい……)
お互いに惹かれあうふたり。しかし、帰国を前に彼は悩んでいて……!?
【シウミン】「……伝えたいことがあるんだ」
一度は断られてしまった告白。切ない恋のゆくえは――!? 【ベクヒョン】「もしかして、あのときの……」
ダイニングバーで再会した二人は、徐々に親しくなっていき――
【ベクヒョン】「そっか。でも……手をつないでて良かった」
【ベクヒョン】「君を転ばせずに済んだから」
(……ベクヒョンくんのこと、やっぱり好きだなぁ)
友達なのだと自分に言い聞かせても、彼への想いは募っていく。
切ない片想いのゆくえは――!? 【チャンヨル】「君が担当なの? 嬉しいな、よろしくね」
書店のイベントで再会したふたりは、徐々に親しくなっていき――
【チャンヨル】「もっといろんな話したいし……君のこと知りたい」
【チャンヨル】「好きなものを大切な人が好きでいてくれたら、それだけで超幸せだなぁーって思う」
(大切な人……)
気づいた時には、彼に恋に落ちていて――!?
これは、音楽が繋ぐ不器用なふたりの物語。 【カイ】「……いえ、大丈夫ですから」
始めはそっけなく感じた彼だったけれど……
【カイ】「……こちらこそ、いろいろ選んでくれてありがとう」
お互いに本を貸し借りするうち、ふたりは想いを通わせる――
【カイ】「……好きだよ」
【カイ】「気づいたら君のこと、好きになっていた」
これは、不器用で可愛い彼との小さな物語。 【スホ】「……素敵な名前ですね」
爽やかな笑顔と共に、私の目の前に現れた彼。
【スホ】「これは思い出の本なので……嬉しかったです」
一冊の本をきっかけに、ふたりは距離を縮めていく――…。
【スホ】「君が俺の支えになってくれたように……俺も君の支えになりたい」
これは、互いを支え合い、思い合うふたりの物語。

EXO(エクソ)の実写恋愛ゲーム「LOVE PLANET(ラブプラ)」で、いますぐ恋を始めよう♪

ページトップ